PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
あゝ大阪滞在記。(2015)
DCF00161.jpg
「岸和田だんじり祭」

去年に引き続き、今年も行ってきました。

大阪は、だんじり製作、
「板谷工務店」
今年も棟梁の板谷さん達とご一緒に、同行させて頂きました。

早朝4時、大阪府泉佐野市の事務所に到着。
軽く休憩した後、岸和田市内に向けて出発。

今回も「曳き出し」という、早朝からのお祭り開始場面の見物です。

まだ夜が明けぬ暗い時間から、この人だかりです。

DCF00162.jpg

時間が迫ると開始地点の周辺は、更に物凄い人の数、緊張感が一気に高まります。

DCF00163.jpg

写真中央、白いテントの左に見える、
このだんじりがコースに出たと同時にお祭りスタート!

DCF00164.jpg

出てきたーっ!!

DCF00165.jpg

STIL0006.jpg

次から次へ高速で走りぬける!
後続のだんじりがーっ!!

DCF00166.jpg

DCF00167.jpg

DCF00168.jpg
いやいや、
いつ見ても「スゴい!」の一言。
興奮が止まりません!

だんじり祭の醍醐味の一つ、
「やりまわし」
高速で直角カーブを曲がります。

DCF00169.jpg

DCF00170.jpg

DCF00171.jpg
危なくて、とても近寄れません(汗)

5tもの重量があるだんじりが、轟音と共に超高速で直角を曲がる姿。
超大迫力です!

気合いの入った曳き手の皆さんの呼吸、
ピタリと合わずして、
この「やりまわし」はキマりません。

大勢の人々が集まり、
それぞれが互いを信頼し、団結力を以てすれば、何事も成し得る事ができる。
社会生活の全てにおいて、これが置き換えられると感じました。
(真面目かっ!!(笑))

しばらく見物してから、一旦事務所に戻る事に。
その道中、ちょっと寄り道。
木材の加工場でした。
そこで見た物が!

DCF00172.jpg
昨年の秋に伐採した埼玉県産、木味極上のケヤキ。
根元の芯にクサリが出た為、1m抜いた材を板谷さんに差し上げたものです。

↓関連記事↓
本年もお世話になりましたm(__)m

「太鼓を作る」
そうおっしゃっていたので、その完成を楽しみにしていました。

立木を見立てる段階から、自分で扱った木が木材製品に生まれ変わる。
しかも、超一流の職人さんによる製作過程も見られる。

林業・木材業関係者ならば、容易に可能だと思われがちですが、こんな機会は滅多にありません。
超貴重な場面です。
嬉しいですね〜
きこり冥利に尽きます。

何やら言い合っているようですが……

DCF00173.jpg

DCF00174.jpg

このように仲良く収まる訳です(笑)

カッコいい太鼓になりそう。
完成後、その音色を聞くのが楽しみです。

しばらく皆でおしゃべりの後、事務所に戻る事に。

到着すると、京都から
「仁科旗金具製作所」
親方の仁科さんと若衆の皆さんがいらしていました。

一年ぶりの再会です。

久々にお会いしましたが、板谷さんと共に皆さん、事務所から居なくなってしまいました。

『なにか仕事があるのかな?
お忙しいんですね〜』

などと思っていました。

………………

数分後、
皆さんが戻ってきたと思いきや…

板谷「熊倉さん!大変な事になっとるんやで〜」
熊倉「えっ!?どうしたんですか?」
板谷「ホンマに大変な事になっとるんやて!!」
熊倉「えぇっ!?だから何がですか??」
板谷「エエから、ちょっと見てみいっ!!」

そんなやりとりから、登場した物が!

…………!!!


STIL0007.jpg
ババァーーンッ!!

熊倉「なな!なんですかこれはーーーっ!」

板谷「あのケヤキで何か作ったろう思て、皆で考えて作ったんや!」

………「えぇっ!?(!)」

先程の太鼓用材、製作過程で伐り落としたケヤキの輪切り、
傷んだ部分を見ていた板谷棟梁、ハッと思い付いたそうです。

STIL0008.jpg
「この部分、チェーンソーみたいやなぁ…」

そこで、錺金具師の仁科さんに製作依頼。
「あいつはメタラーやから、メタリックに頼むでぇ」

そんなやりとりがあったそうです。

完成したメタリックなチェーンソー型の錺金具、
棟梁自ら僕の目の前で取り付けてくれました。

DCF00175.jpg

DCF00176.jpg

実物のチェーンソーのビス留め部分とガイドバーのリベット部分に合わせて、錺金具の大小ビスが取り付きます。
すごいこだわりです。

STIL0009.jpg

「空師」の文字、棟梁自らが80枚も書いた中の、
やっと納得した1枚との事。
すごいこだわりです。

STIL0010.jpg

目の前での完成まで、しっかりと目に焼き付けました。

DCF00181.jpg

感激のあまり、言葉が出ませんでした。
言葉に出したら、感情が一気に溢れ出してしまいそうで…
必死に堪えました。

今までの、長かった仕事人生の中で一番、
ただ震えてしまう程に感激しました。
この仕事一本で続けてきて、本当に良かったと思えた瞬間でした。

熊心『なんて粋な事をしてくれる人達なんだろう…』
DCF00178.jpg
素晴らしい心意気を持った職人の皆さんと出会えた事、
このご縁に心より感謝しますm(__)m

一生涯の宝物として大切にします。
これを励みに、今後も益々頑張ります!

本当に本当に本当に、
ありがとうございました
m(__)mm(__)mm(__)m

…………………

この後、皆さんと昼食へ向かう移動車中の後部座席、外の景色を眺めながら考えました。

今までの、少年時代から数えて約30年間の自分の仕事人生。
辛くて苦しかった事、
悩んでどうしようもなかった事、
悔しくてたまらなかった事。
色々な苦労の日々を思い返すと、涙が止めどなく溢れてきました。

『この仕事、一生懸命やってきて本当に良かった。
だからこそ、こんな素晴らしい人達と出会えた。
これからもずっと、死ぬまで続けてやる。』

感慨深い想いをめぐらせ、決意が完全に極った瞬間、涙を拭って泣くのを止めました。

涙していたのは、誰にも気づかれていません。
ずっと外を眺めてるフリをして、ごまかしていましたので(照)
ここで明らかにしてみました(照笑)
なんか、こんな奴ですみませんm(__)m

……………………

昼食は、去年に引き続き、和歌山県の
すし藤左エ門
楽しみにしてました!

沢山の美味しい鮨はもちろん、
鯛の活造り、薄造りを頂きました。
DCF00179.jpg
関西ならではでしょうか、
鯛をフグのテッサと同じように頂きました(初)

おいしかった〜(超絶品)
あの味、忘れられません…

また食べたいな〜
またなんとかならないかな〜
また何卒よろしくお願いします〜(笑)

大満腹の大満足のところで、みんなで記念撮影

DCF00180.jpg

再び大阪に戻り、皆で銭湯でひとっ風呂、事務所のソファーで仮眠。
夜は堺市の
「堺ふとん太鼓祭り」

DCF00182.jpg

2tもの重量のある太鼓台、
激しく上下に揺さぶられながら、堺の街中を練り歩きます。

DCF00183.jpg

西湊地区のふとん太鼓、板谷工務店で製作されました。

しばらく見物した後、みんなで夕食に。
夕食はふぐ料理です(喜)
テッサ、フグチリ等々、
シメには棟梁の味付けによるフグ雑炊。
おいしかった〜(超絶品)
あの味も忘れられません。

またなんとかお願いします〜(笑)

夕食後、更にお酒を飲んでカラオケ♀_(`O`)♪

スゴく濃い1日を過ごし、夜はぐっすり就寝。

翌日は埼玉に帰る日です(;_;)/~~~

帰りのお土産にと、本場大阪のたこ焼き屋さんに。
おばちゃんの右手にご注目!

DCF00184.jpg

DCF00185.jpg

物凄い手さばき!!
手返しが素早すぎて、右手だけがブレています!
さすが本場!
さすが本職!
味もメチャウマでした!!

出発の時、お別れの時は寂しかった〜(;_;)/~~~

超濃厚な大阪滞在でした。
本当にありがとうございましたm(__)m
大阪、楽しわー
また行ったるで〜(にわか弁)

板谷棟梁手作りのおにぎり、帰りの車中で頂きました。


DCF00186.jpg
美味しかった〜
忘れかけていた「母の味」でした(笑)

また作ってください〜(笑)

……………

あのケヤキ衝立、
早速、床の間に飾りました。


DCF00187.jpg
素晴らしくカッコいいですね〜
ず〜っと眺めていられます
(○.○)y-~~~

下書きの図面も額に入れて飾りました。


STIL0011.jpg
これはこれでカッコいい!
製作過程の心意気が伝わってきます(☆_☆)

一生、大切にします。
感謝!感謝!大感謝です!!
心より御礼申し上げます。
m(__)m

DCF00188.jpg
| 空師・林業|巨木・伐採|銘木・売買 | 02:37 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
ブログ楽しく、そして我が事のように感激しながら拝見させて頂きました(//∇//)
岸和田だんじり祭、来年機会があれば見に行きたいです!!行きます!

そして板谷工務店さんの太鼓、熊倉さんへの心意気!素晴らしいですね\(^o^)/
私まで興奮してしまいました〜
個人的に太鼓かなり楽しみなんですけど…完成したら是非とも音色を聴きたいものです。
良い仲間に囲まれて幸せですね(^^)v
今年もあと少し、体に怪我に気を付けてお仕事頑張って下さいね。
| みち | 2015/12/13 8:41 PM |

みちさん、コメントありがとうございますm(__)m

あの衝立の登場、
本当に驚き、心から感激しました(ToT)

だんじりなどの祭事品の全て、職人さんの心意気が詰め込まれています。

だんじり祭見物、是非オススメします。
お祭り自体もスゴいのですが、各町会のだんじり一台一台を間近でご覧になって頂きたい。
全てが芸術品です。


太鼓は僕も楽しみです(^^)

まだまだ、木が落ち着くまで時間が掛かります。
気長に待つとします!

完成したら、もちろんブログで報告します!
音も出せればなぁ〜(^^;)
| 熊倉 | 2015/12/24 7:48 PM |










http://kumarincc.jugem.jp/trackback/111
time
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
OTHERS