PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
タグふれんず

熊倉林業 熊林ブログ

熊倉林業
空師・熊倉純一と、
木を愛する仲間達のブログ
<< 日記のススメ | main | 目指すは「けやけき人」 >>
プロを唸らせる木
DSC_0155.JPG
第55回「全国銘木展示大会」会場・岐阜銘協にて 2011.11.16


初めまして、フリーライターの山口と申します。
熊倉さんとは、かれこれ6年のおつきあいになります。
当時、初めて書いた記事がこれです。↓

 人と樹木の共生を支える、知られざる職人・空師(そらし) 2005/11/16



いま読むと、伐採についての理解が浅く稚拙な文章なのですが、記事の日付けを見てちょっと驚きました。

2005年11月16日とあります。


じつはこの日からちょうど6年目となる先日、私は熊さん・大前さんと岐阜の全国銘木展示大会に来ていました。
以前から大きなセリがあれば見に行きたいと思っていたのが叶い、同行したのです。

熊倉林業が出品したケヤキ丸太は、「中部森林管理局長賞」を受賞したと聞かされていました。
そしてこの日、予想外の大会最高単価で競り落とされたのです。



会場には銘木をもとめて全国から人が集まるわけですが、この木はとにかく見る人見る人みんなに褒められていました。
いずれも劣らぬ銘木ばかり。最初はどの木もそうかと思いきや、どうもそうではないことにしばらくして気づきました。

プロを唸らせる木−−−熊さんいわく開業10年にしての快挙とのこと。
記念すべき日に立ち会えたのは幸運でした。


そして、その日が最初の記事からちょうど6年目だったという巡りあわせに不思議な縁を感じます。




2.jpg
これは、かの木の伐採前の立ち姿です。

ケヤキの語源は「けやけき木」、つまり「他とは違って際立ってすばらしい木」という意味だとの説があります。
多くの目利きたちが市売のこのケヤキの前で足を止め、撫でたり擦ったり談笑したりしている光景を見ていると、そんな俗説も素直に信じられるのでした。

私は木についてはまったくの素人です。


知識は本で読むか伝聞ばかりでほんとうの自然のことはわかりません。

6年前に記事を書いたとき、じつは空師の仕事が何なのかもまるっきりわかりませんでした。
話を聞いて作業のことを理解したつもりでも実感が湧かないのです。
ですから、現場作業を少し見てあとは想像で補って書くしかなかったのです。
おかげさまで、あのときに比べれば多少は知見が増えたかもしれません。



しかし、かの銘木の年輪になぞらえて言うと、6年とはわずか1ミリか2ミリの成長に過ぎないでしょう。
りっぱな木を前にすると、「自分はまだまだだな」と謙虚になれます。
拙速に知識を身につけて変に曲がってしまうより、「ぼちぼちやろう」と開き直りもするのです。

なにも語らない木は、ときに雄弁な人生の先達として示唆を与えてくれる気がします。


なにも知らないよそ者を、そんな世界にいざなってくれた熊さんに、6年目にして感謝するしだいなのです。


| 空師・林業|巨木・伐採|銘木・売買 | 00:20 | comments(3) | trackbacks(0) | - |
山口さん、熊林ブログにようこそ!
先日は、伐採搬出作業現場と岐阜での全銘展、お付き合い頂きまして、ありがとうございました。

イイ木でしたねぇ(*^o^*)

その道のプロの皆さんに褒められて、本当に嬉しかったです。
今後への励みになり、気合いが入りました。

僕もあの木の様に、慌てず地道に着実に、人生の年輪を刻んでいきたいと思います。


あの記事から6年ですか。

今になって読み返すと、とても懐かしいです。
あの記事をきっかけにして、色々なメディアで取り上げられる様になったんです。
本当に感謝しておりますm(__)m

【11月16日】
とゆうのは、我々にとって特別な縁のある日のようですな。
来年以降、その日が近づく度に意識してしまいそうです(^o^;)

近日中に僕の投稿にて、改めて山口さんをご紹介させて頂きます。
| 熊倉 | 2011/11/25 7:58 AM |

山口です。
いやいや、先日はこちらこそお世話になりました。
いろんな意味で貴重な経験をさせていただき感謝しております。

2015年の11月15日に、初記事から10周年を迎えます。そしたら、お互いの人生の「年輪」がちゃんと育ったかどうか検証(?)して記事にしましょう。(笑)
今後ともよろしくお願いします。
| 山口 | 2011/11/26 2:02 AM |

お久しぶりです。

石川です。


山口さんの記事、拝見させて頂きました。


さすがプロの文章だなと、唸らされました(^_^)


熊林ブログは、週に8回くらいチェックさせてもらってますが、下手な文章は投稿できないというプレッシャーに押し潰され、コメントをせずに、読むだけの日々を送ってしまいました。(。。;)


しかし、このケヤキの現場を手伝わせて頂き、作業を終えて感動すら与えてもらった者として、ひとことコメント入れさせてもらいます。


熊林の伐採技術、鎌田さんのクレーン技術、山口さんの撮影技術、長島さんの話術、すべてが最高でした。

木の最高っぷりは、僕なんかが語れるレベルではありません。


自分もいつかこんな現場を段取りしてみたいと、夢に…いや目標に、日々精進いたしますm(__)m
| 石川 | 2011/12/01 8:27 AM |










http://kumarincc.jugem.jp/trackback/58
time
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
OTHERS