PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

熊倉林業 熊林ブログ

熊倉林業
空師・熊倉純一と、
木を愛する仲間達のブログ
<< 目指すは「けやけき人」 | main | こがるクラブ >>
ミツバチを飼うには・・・
山口です。
先日、実家の長崎県諫早市に行っておりました。
なぜかと言いますと田舎でミツバチを飼育する準備をするためでした。

小さい畑用の土地があり、ばあちゃんが亡くなってからは耕されることもなくなっていたので、そこにミツバチの巣箱を置き、村の憩いの場にもしようという「野望」を抱いているのです。



よく知られているのは西洋ミツバチの養蜂ですが、私が飼いたいと思っているのは古来から日本にいる日本ミツバチという野性種です。
箱を置いて入るのを待ったり、山で捕獲したりして飼育します。

「そんなことは年老いてから始めてもよかろう」という周囲の反対をよそに、ミツバチ好きの私としては早くハチを飼いたいという思いばかりがつのり、ついに春まで我慢できず準備視察に行ったわけです。






1.jpg
畑は、こんなかんじに草ぼうぼうでした。
まあ、想定していたのでそんなもんかと、刈ればきれいになるさ・・・と楽勝ムードでした。
しかししかし、予想外の大きな壁に道をふさがれてしまいました。

なんと、2年ほど前から県下全域で効き目の強い農薬の空中散布が続けられ、ハチはおろかカエルの鳴き声も減るくらいに自然環境が破壊されていたのでした。


近所で10数箱のミツバチを飼っていた人が、空中散布後に農薬のせいで全滅したと話してくれました。
まいりました。



2.jpg
年に3回散布する旨の札が立ってました。無人のラジコンヘリでそこいらじゅうの田んぼに撒かれます。

全国的には農薬の空中散布は抑えられてきているのに、よりによって我が県がこんな状態とはつゆ知らず。

というわけで、現在なすすべもなく打ちひしがれております。

農薬は稲作のうえでそれなりに必要があって撒いているわけです。


しかし、いろいろ地元の人に話を聞くと、必要のない時期にも撒いていたなど不可解な点もあります。
いずれにせよ、このままではハチの飼育などとても無理です。

そも農薬とはなんぞや?

「敵を知り己を知れば百戦危うからず」
もっか、毎日のように農薬の本を眺めておりますが展望は開けません。


時間はかかりそうですが、なんとか打開策を見出したいとは思います。



| 空師・林業|巨木・伐採|銘木・売買 | 01:11 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
熊倉です。

長崎でそんな事になってたんですか。
いきなり出鼻を挫かれましたねぇ。
楽しみにしていたのに、ヒドい話ですな。
環境保護やら自然食品やら騒いでいる、このご時世に農薬の空中散布だなんて…。

虫どころかカエルをも殺してしまう程強い薬なんでしょうか。
そんな作物を食べたら、人体にも影響があるとしか思えません。

その土地の事情等も知らないので勝手な事は言えませんが、農家の方々にとっても、そこまでの薬が本当に必要なのかも疑問です。

農薬とはなんぞや???
って感じですよね。

でも、挫けてはいけないですよ。
黙って引き下がる訳にはいかんですよ。
事実、養蜂やってた人が大損害を出してるんですから。
他にも色々な悪影響を被っている人達と協力して、なんとか策を講じてみてくだされ。

イチローは言っていました。
《“試練”はそれを乗り越えられる者にしか訪れない。》
と。
“ROOKIES”の川藤先生も言っていましたよ。

続報をお待ちしておりますm(__)m
| 熊倉 | 2011/12/28 7:36 AM |

激励ありがとうございます。

なかなか壁は厚そうですが、なんとかこじ開けたいと思います。
進捗ありましたら、また報告させていただきます。

それでは皆さま、よいお年を!!
| 山口 | 2011/12/29 9:20 PM |










http://kumarincc.jugem.jp/trackback/60
time
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
OTHERS