PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
猛暑日続行中、季節外れの話。
2013080812090000.jpg
熊倉です。

毎日、猛烈にクソ暑いので、まだ寒かった時期の話でも。


今年、桜の花が咲く前の、冬の終わり。


地元さいたま市内の幼稚園の敷地内、桜の木。

長年に渡り、春になると満開の花を咲かせ、子供達を出迎え見守ってきた桜。


建物と道路の間の狭い場所で大きくなり、幹が建物に密接して壁や塀を壊し、枯れ枝が通学路の道路に落下する等の被害。
このまま放置できない木となってしまったので、伐採する事となりました。


作業当日の朝、幼稚園に到着すると、幹の周りにピンク色の画用紙のような紙がペタペタ貼り付けてありました。

「なんだ??」

そう思って近づいてみると、

2013081112170000.jpg

2013081112180000.jpg

2013081112190000.jpg

2013081112210000.jpg

お礼やお別れの言葉が綴られていました。

桜の木が伐採される事を知った園児達が、手紙を書いて貼り付けていたのです。
冷たい風が吹き付ける寒さの中、ポッと心が暖まりました。

しかし、まだ4〜5才の子供達ですから、お別れの言葉を書く事自体が初体験だった子もいるはず…。



「なんかゴメンね(ToT)」


そんな思いに駈られながら、伐採作業に取りかかりました(;o;)


幼稚園の子供達、先生方、近隣の方々が見守るなか、無事に作業終了。

理事長先生のご希望で、根元の輪切り板を一枚とりました。

2013081112250000.jpg

カタチは変わりましたが、今後も座卓や花台等の木工品として、子供達にずっと愛され続けてゆく事を願います。

また園内に種から植えていただき、大きな木を育ててあげてくださいm(__)m
| 空師・林業|巨木・伐採|銘木・売買 | 12:16 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
感動しました。

文字を書くのもけっこうたいへんだったろうに…。

桜の色に似せて紙を選んだりしたんだろうなぁ、とか思いながら写真を見てるとジーンとしてきます。

熊さんたちがお神酒や塩を撒くいつもの儀式を、子どもたちなりにやってくれていたわけですね。

先生方が、子どもの気持ちに向き合って見守ってる感じが素晴らしい。いい幼稚園だなあ。


今年の『熊林ブログ・ベスト・オブ・いい話で賞』は、私的には今のところこの記事ですね。

次に出てる記事は、ドン引きするくらいカラーが違いますが。
こっちは別の意味でベスト、かな?(笑)
| 山口 | 2013/08/20 4:18 PM |

山口さん、どうもです。

この度は『ベスト・オブ・いい話で賞』に選んで頂き、ありがとうございますm(__)m
恐縮です(笑)


そうなんです。
本当にイイ幼稚園なんですよ。

理事長さんが自ら、朝から裸足で外に出て子供達と遊ぶ(冬でも)
敷地内には小さな森があり、子供達はその中を探検しながら自然とふれあい、自然に感謝し、自然を愛す。

良い大人、良い環境に囲まれて、良い子が育つ。


今回の手紙も、子供達が自発的に書いたものなのでしょう。

感動しますね(;o;)

日本の未来も捨てたもんじゃないです(^人^)

子供に戻れたら、この幼稚園入園でキマリです(-.☆)
| 熊倉 | 2013/08/22 9:59 PM |










http://kumarincc.jugem.jp/trackback/89
time
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
OTHERS