PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
タグふれんず

熊倉林業 熊林ブログ

熊倉林業
空師・熊倉純一と、
木を愛する仲間達のブログ
<< 鉄道保線・伐採工事2013 | main | ミツバチ引っ越し大作戦 >>
「巨木、宙を舞う。第二の人生へ」
2013111312540000.jpg
秋深まり、木の葉も色づきまして、伐り旬に突入しました。

この時期は、急に涼しくなるのと同時にドッと忙しくなります。
体調を崩しがちな時期でもあります。
ご注意ください。

シーズン早々、ケヤキ巨木を伐ってきました。


埼玉県内、交通量の多い国道沿い、民家敷地内。

目通り周囲4m、
全高30m。

2013111312560000.jpg

サバ下9,5mで搬出希望、とゆう注文です。

2013111312570000.jpg

末口100cm以上なので、単純計算でも重量10t以上。

ケヤキの立ち位置とクレーンの設置場所の間には、店舗建屋があり20m程離れています。

2013111313000000.jpg


建物越しの10t超か…

100t以上のクレーンでも作業半径が離れてしまうので、能力が10t以下に落ちてしまいます。
注文である長材での搬出は不可能です。


能力を上げるには…

2台で共吊りではどうか…


発注者、木材業者の上山木材さん、
クレーン業者の飛鳥重機さん、
我々熊倉林業、何度も現場調査、入念な打ち合わせを重ねました。

協議の結果、
50tと70tラフターによる共吊りに決定。
設置場所を考慮するとこれが最適、作業半径も近くなり、能力も上がります。


店舗前の駐車場に鉄板を敷設、クレーン車を設置。

2013111315430000.jpg





まずは枝の伐採作業から開始です。





2013111316080000.jpg





樹勢が衰えている木の為、枯れ枝が多くボロボロ落下しました。
ヘルメットが無かったら、「イタい!」では済まない場面もありました。
危険です(汗)

枝の部分でこの目詰まり、良材です。

2013111316330000.jpg

2013111316340000.jpg

2013111316350000.jpg

枝が無くなり二股、大きなサバ部分の伐採です。

2013111317260000.jpg

このような部分は木の性質上、伐ってるそばから狂いが生じてきます。
ピタッと真っ直ぐ伐るのは難しく、キックバックにも注意が必要です。

2013111317290000.jpg

2013111317310000.jpg

2013111317360000.jpg

2013111317400000.jpg
↑これだけで6tあります。


ここからが今回のメインイベント、元玉長材の伐採搬出です。

玉掛け作業も慎重に、大前君と二人がかりです。
ホンの少しのズレも許されません。

2013111317570000.jpg


この時点では、まだ正確な重量は分かりません。

材積からの計算による、推定での重量は出ています。

ギリギリです。
持ち上がるかどうか…。

もし持ち上がらなければ、やむを得ず途中で伐るしかありません。

吊り上げ能力の限界を超えると危険です。
途中で伐ると木の価値も大幅に下がってしまいます。


色々な心配を抱えつつ…
伐採作業開始です。

2013111318190000.jpg

2013111318200000.jpg

途中、めちゃめちゃ疲れたので上山さんにも交代してもらいました。

2013111318210000.jpg


最後の根張りの部分を伐ります。



2013111318240000.jpg


根元の伐採が完了。

クレーンオペの鎌田さん、小久保さんに無線で合図、巻き上げ開始です。

運転席から吊り荷のケヤキは見えません。

無線の合図が重要、責任重大です。

みんなが固唾を飲んで見守る緊張の瞬間。


「よしっ!浮いたぞ!!」


すぐさま無線連絡!

少しずつ地面から巨木が浮き上がりました。

真剣勝負の場面、地切りの瞬間は秋山君も写真を撮ってる場合ではなかった様です。


まずはゆっくり慎重に、建物の屋根上の高さまで巻き上げ。

2013111318260000.jpg

2013111318270000.jpg



まだまだ緊張の時間は続きます。
今度は起伏と旋回で荷降ろし地点までジワジワと移動します。

2013111318340000.jpg

2013111318350000.jpg

DCIM1310.jpg

クレーン2機を操るお2人の高い技術も然る事ながら、見事に息の合ったコンビネーション。

ドデカい巨木がユラユラと、宙を舞っているような姿は圧巻でした。

通行人もみんな立ち止まって見とれていました。

このケヤキも自分の人生、まさかこんな高い所まで吊り上げられるとは思わなかったでしょう。



今回の現場に携わる、全ての皆様のおかげを持ちまして、


ケヤキ巨木搬出、
大成功です!

DCIM1311.jpg
我々作業関係者、地主さん、見物に集まった方々、偶然通りかかった方々、皆様方から拍手が沸き起こりました。


上山木材さんの注文通り、無事に長材で出す事ができました。
大変喜んで頂きました。

こちらこそ、大切な銘木の伐採をお任せ頂き感謝申し上げますm(__)m


ホッとしたところで、作業関係者で記念撮影。

STIL0020.jpg

STIL0019.jpg
↑撮影者 川村拓希さん
プロカメラマン志望の高校三年生。

ちょいちょい当社の現場に撮影取材に来ています。

見応えアリの現場でしたな。
今後も将来の目標に向かって頑張ってください!


重量12t、結局は想定内でした。
ですが、木は難しいです。

ずっとドキドキで気疲れ、体力消耗がハンパないです
(汗)


それにしてもイイ木です。↓
DCIM1312.jpg



DCIM1314.jpg

DCIM1313.jpg

この木、全国銘木展示大会に出品されます。
お楽しみです。


極上の製品に生まれ変わる事を期待します。

上山さん、ご健闘をお祈り致しますm(__)m

DCIM1315.jpg


関連記事
「巨木、縁結ぶ。西へ。」
| 空師・林業|巨木・伐採|銘木・売買 | 16:40 | comments(4) | trackbacks(0) | - |
これはすごい現場ですね。

木の良さもですが、難易度もはんぱでない。
まさに「熊林チームの総力を結集するとこうなる」という。

こんなドラマチックな現場の記録が残っていることも素晴らしい。
熊さん、ぜひいつか、これでスライド見せながらトークショーしてほしいなあ。お手伝いします。(笑)

ともあれ、皆さん、ほんとにおつかれさまでした!
| 山口 | 2013/11/16 12:10 AM |

山口さん、コメントありがとうございますm(__)m

トークショー……(冷汗)

そ、そうですね〜(苦笑)


ブログだけでは語り尽くせない、裏話的なのも多々あります。

面白いかもしれません。

トーク技術を上げねば(笑)


全銘展にも行ってきました。

その模様もブログ記事にしたいと思っています。


次回予告、
「巨木、縁結ぶ(仮題)」

お楽しみに。
| 熊倉 | 2013/11/19 7:33 AM |

来年、林業をテーマにした映画が公開されるそうですよ。林業、きてます。他からもトークのお呼びがかかるかもしれませんぜ。

映画『WOOD JOB!(ウッジョブ)
http://www.woodjob.jp/

それにしても、いつしか「次回予告」が出るようになって、記事に気合い入りまくりですね。(笑)たまにはユルる話題も、って思って書いたけど、そうか自分が投稿すればいいのだと気づきやした。近々入れます!
| 山口 | 2013/11/19 9:08 AM |

え!?

林業の映画?

マジっすか(笑)


映画がヒットすれば林業もマイナーから這い上がれるかもしれないですね。

嬉しい事です。

誰が観ても楽しめる映画になればイイですね。



記事の投稿、楽しみにしてますよ(^^)

他のメンバー達!
たまには何か書いてくだされ(-.☆)
| 熊倉 | 2013/11/19 9:30 PM |










http://kumarincc.jugem.jp/trackback/93
time
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
OTHERS